コロナ禍でできること

先月、息子の保育園の卒業式がありました。保育園が執り行う「卒園式」とは別に、保護者たちからの催しがあり、そのための予算も確保されていて、例年は児童館などを貸し切ってみんなでお弁当を食べながら舞台を設けて保護者たちで踊りを披露したりがあったそうです。
もちろん、今年は一緒にご飯を食べるなんてできません。
僭越ながら、その保護者側の企画の立案・実施の代表をさせてもらいました。たまたま、保育園の先生と昨年度卒園した保護者さんが「今年はどうするの?」と立ち話をしているところに居合わせたしまったのがきっかけです。今年度は何も関わる気が無かっただけにはじめは困ったなと思いましたが、引き受けたからには「やったろ」と思いまして、一緒にやってくれそうなクラスメイトのママさんたちをかき集め、昨年10月に発足。
3月末の卒園式までにコロナの感染状況は一進一退で、自粛は当然のような風潮は続き、2月には2回目の緊急事態宣言と、保育の現場ではイベントは軒並み中止や短縮。毎日のようにこのアイデアで良いのだろうか?できるだろうか?とみんなで悩みながら進めました。

進めていく中で、やはりよく聞こえてきたのが「今年の子たちは本当にかわいそう」でした。

一緒に係をしてくれているママさんたちはみんな思っていても口には出さなかったけれど、きっと不安だったと思います。だって私も不安でしたから。
しかし、「かわいそう」なのかしら???
かわいそうにしているのは「かわいそう」と言ってしまう大人なのではないかと。
自分の知っている卒園式や催し、経験したことを基準にすれば、それが楽しかった思い出であればなおさらできないことは「かわいそう」に思います。そして、どうなるかわからないので何もできなかったら「かわいそう」です。
私は、この「かわいそう」を凌駕したくなりました。これまでにない、コロナ禍だからできた楽しい卒園式をしてあげればみんな「かわいそう」と言わないのでくれるのではないかと。
卒園人数が多く保護者数も合わせたら園のホールではできないという保育園側の意向もあり、終始屋外での開催で、さらに雨が降り出すという最悪なコンディションでしたが、短時間の中でもちょっと特別な催しとなりました。

親がチャレンジしていたら、きっと子どもはその背中を見てくれています。かわいそうと言う前にコロナ禍だったからできるいつもと違うことを想像した方が楽しいはず。それがたとえ計画通りうまくいかなかったとしても、チャレンジしたことの方が尊いと思うのです。